50代から綺麗になる方法

「50代からもう1度、綺麗になろう」をテーマに、美容と健康のためのアンチエイジング習慣をお届けするブログ

50代の美白 資生堂エリクシール

エリクシールホワイトは50代でも使える?トライアルセットで本当に保湿・ハリ・透明感が叶うか試した口コミ

更新日:

シンプルな2ステップで「うるおい・ハリ・透明感」を叶えてくれる資生堂の美白化粧品「エリクシールホワイト トライアルセット」を使ってみました!

エリクシールって30代くらいの方が使うものかな?というイメージでしたが、実際にはとくに対象年齢は無いらしく、「だったら50代でもいけるかしら?」と思ったんです。

結果は…… 「どこが?」というより「全体的にくすみ気味・下がり気味」な私のデイリーケアにはピッタリかも!と感じましたよ♪

この記事では、エリクシールホワイトのおすすめポイント、実際に使ってみた感想や美白効果について詳しくまとめました。

スポンサーリンク

明るさが顔印象を変える!

シミが増えてくると、鏡を見るたびついシミばかり気になってしまう…… なんてこと、ありませんか?

でも実は、面積の広い顔全体の肌の明るさや透明感が、顔の印象を大きく左右するんです!

多少シミ・そばかすがあったとしても、顔全体がふっくらうるおいで満たされて透明感があり、ツヤっと輝いているだけで、若々しい印象に映るものなんですって。

50代はいかに印象美人を装えるか?が勝負ですからね。

2ステップのシンプルケアで、うるおい、ハリ、透明感。3拍子そろったツヤ肌へ

50代の敵は、パサっと感、シワっぽさ、肌をくすませる影。

エリクシールホワイトは、美白化粧水と美白乳液のシンプルな2ステップで、「うるおい・ハリ・透明感と明るさ」の3拍子そろった肌へと導いてくれる薬用スキンケア。

「エイジングケアなのに、基本のステップに美容液がないの?!」とちょっと驚いたのですが、資生堂は「化粧水+乳液」で肌表面の角層を整える基本のお手入れをとても大切にしているブランドなんです。

肌の表面を覆う0.02mmの角層。
ここに細胞が同じ大きさで、隙間なくピシッと並んでいると、潤いが保たれ、光を反射して艶やかに輝き、透明感が増して明るく見えるんです!

そのために重要なのが、美容成分たっぷりの美容液ではなく、化粧水&乳液による毎日の地道なスキンケア。

「ホワイトコラーゲンGL」が配合されたエリクシールの化粧水と乳液は、肌の保湿機能とバリア機能を整えて、「表情による角層の折れ線」を防ぐんです!

健やかな角層を保つのに欠かせない「CE」が多くなるよう、うるおい環境を整え、細胞のケラチン繊維を整列させてくれるから、ピカッとツヤっと輝く透明感の証「ほおにツヤ玉」が現れるというワケです。

エリクシールホワイト トライアルセット内容はこんな感じ

資生堂ワタシプラス限定のお得なトライアルセットの内容がこちら。

  1. エリクシールホワイトクリアローションC(30ml)
  2. エリクシールホワイト クリアエマルジョンC(18ml)
  3. エリクシールホワイト デーケアレボリューションC+(5ml)
  4. [プレゼント]資生堂コットン
  5. [プレゼント]500円クーポン

1,188円(税込)で、2ステップのシンプルケアが1週間お試しできます。

好みに合わせて「さっぱり・しっとり」、2つの使用感から選べますよ。
乾燥肌の私は、しっとりタイプにしてみました!

エリクシールホワイト クリアローションCⅡ(美白化粧水)の使い心地

エリクシールホワイトの化粧水は「さっぱり・しっとり・とてもしっとり」の3種類から選べます。

美白成分4MSKが入っていますよ!

香りは甘く爽やかなアクアフローラルで、個人的にエリクシールシュペリエルよりエリクシールホワイトの香りの方が好きですね。

エリクシールは、コットンを使ったお手入れ(軽圧式塗布法)が基本。

顔の血流に沿ってゆっくりコットンを滑らせることで、適度な刺激が肌に良い影響をもたらし、リラクゼーション効果をもたらすのだそう。

2本の指にコットンを巻きつけたら、500円玉大の化粧水を取ります。

しっとりタイプはトロミがあるのですが、肌に触れるとトロミが解けて
シャバシャバ系の化粧水みたくなるの!

みずみずしさがしっかり肌に行き渡るのが分かります!
しっとりモッチリ、でもベタつかない絶妙なバランスが良い感じで気に入りました♪

エリクシールホワイト クリアエマルジョンCⅡ(美白乳液)の使い心地

夜は化粧水後、クリアエマルジョンCⅡを使っていきます。

細胞の隙間を埋める細胞間脂質を補い、バリア機能を整えてくれるエリクシールホワイトの美白乳液。

こちらも美白成分「4MSK」が配合されており、化粧水で補ったうるおいと美白成分をしっかり閉じ込めてくれます。

乳液も化粧水と同じように、コットンで馴染ませていきますよ。
10円玉大でOKなので、写真はちょっと出しすぎかも。

アルビオンの乳液と違って、資生堂の乳液って肌に乗っかる感じとというか、ペタッとコーティングされる感じがするよね。

しっとり、つるんっとなめらかに。

モッチリとしたハリと弾力が出ますが、手のひらが吸い付くほどのベタつきはありません。

ほおのツヤ玉は…… 笑うとちょっとできるかな?
(気のせいかも?)

じっくりお手入れして、肌が整ってくると、もっとしっかりできるのかもしれませんね(笑)

エリクシールホワイト デーケアレボリューションC+(日中用美容乳液)の使い心地

朝の化粧水のあとは、朝用乳液「デーケアレボリューション」を。
1本で保湿&紫外線対策&化粧下地が完成しちゃう優れものです!

乳液なのでスキンケア効果があるのはもちろん、紫外線や乾燥などの過酷な日中ダメージから、肌を守ってくれるそう。

美白成分「m-トラネキサム酸」配合だから、日中の美白もバッチリ!

「SPF30」と「SPF50+」の2種類があって、今回使ってみたのは夏にぴったりのSPF50+ PA++++です。

クリーム色のゆるめなミルクタイプで、ちょっと糸を引くような不思議な感触。

使う量は1円玉大とたっぷり。

なめらかで軋むこともなく、しっとりとした仕上がり。

SPF50+でも粉っぽさや乾燥感はなく、日焼け止めって感じじゃなく、スキンケア感覚で使えるのがいいです♪

やや白っぽくなりますが、下地効果でワントーン明るくなると思えば許容範囲かな。

化粧水のあと、これ1本でOKっていうのは革命ですね!
時短でも、ちゃんとファンデーションが塗れるから、BBクリームよりキレイに仕上がるし。

エリクシールホワイトの美白効果は?エリクシールシュペリエルとの違いも

エリクシールホワイトもシュペリエルも、うるおい・ハリ・透明感にアプローチする多機能エイジングケアですが、

ホワイトはベタつきが抑えられていて、全体的にあっさりした使い心地。

エリクシールホワイトの方がどちらかというと「美白・透明感」を強く意識したラインで、美白成分「4MSK」が配合されているのがポイントです!

美白効果は、日中用美容液の「トラネキサム酸」が効果的にメラニンを作る細胞「メラノサイト」の活性を抑制。
化粧水と乳液の「4MSK」がメラニン生成を抑制しながらメラニンの排出を促す。

すごく理に叶っていて、さすがは資生堂という感じです。

エリクシールホワイトを実際に使ってみて、HAKUなどトラネキサム酸&4MSKダブル配合のものほど即効性は感じませんが、

シュペリエルのようなトラネキサム酸のみのものより、肌の明るさや透明感は感じられる気がしました♪

エリクシールホワイトまとめ

最初の印象は、「無難だけど、取り立てて感動があるわけでもない。
万人ウケはしそうだけど…… 」といった感じでしたが、

トライアルセットを使い切る頃には、お肌がなめらかになり、美容液無しでもハリ艶がよくなるのと、お肌が明るい印象になるのを感じることができましたよ!

1週間、エリクシールホワイトでお手入れしてみて、化粧水と乳液で丁寧にお手入れするって大事だなって改めて気づかされました。

デーケアレボリューションもすごく便利だったし。

化粧水や乳液は1ヶ月しか持たないのでコスパがあまり良くないのが唯一気になるところですが、

2ステップのシンプルケアでハリと透明感を叶えてくれる「エリクシールホワイト」、毎日のベーシックなお手入れに基本の3本を導入してみたい!と思いました♪

資生堂エリクシールシュペリエルって50代にどう?保湿力やハリ感をトライアルセットで試してみた

50代の美白は敏感肌用が安心♪サエル トライアルセットを試してわかった3つのいいところ

-50代の美白, 資生堂エリクシール

Copyright© 50代から綺麗になる方法 , 2018 All Rights Reserved.