50代から綺麗になる方法

「50代からもう1度、綺麗になろう」をテーマに、美容と健康のためのアンチエイジング習慣をお届けするブログ

アルビオン(ALBION)

アルビオン アンフィネスは50代にどう?ダーマパンプミルクなど実際に使ってハリが出るか試した口コミ

更新日:

ハリに特化した30代からのエイジングケアライン。

アルビオン(ALBION)のアンフィネス(INFINESSE) シリーズを使ってみました!

ハリやリフトアップを感じるといった口コミは多いものの、30代からのってことは、50代だとやっぱり物足りないのかしら?

という事で、実際に試してみた感想です。

スポンサーリンク

機能性ペプチドOSK9で顔立ちが変わるほどの上向き肌へ

30代からのハリ不足に特化したエイジングケアラインで、顔立ちが変わるほどの上向き肌を目指すアンフィネスシリーズ。

ダーマパンプローションには2種類のヒアルロン酸が、ダーマパンプミルクには2種類のコラーゲンが配合されていて、みずみずしく弾むようなハリ肌に導いてくれるのだそうです。

しかし何より注目なのは、大阪大学の森下 竜一寄附講座教授との共同研究で生まれた世界初の機能性ペプチド「OSK9」という新しいエイジングケア成分です!

ペプチドというのはアミノ酸が連なったタンパク質よりも小さな成分で、様々な種類があり、その生理活性作用が美容業界で注目を集めています。

OSK9(アセチルペンタペプチド-55アミド)は、アンチエイジングと関わりが大きい抗菌ペプチドの研究から開発された機能性ペプチドで、

「線維芽細胞の増殖を促す」というデータが出ており、コラーゲンやヒアルロン酸の産生サポートなどの作用が期待できるそうです!

使い続けることで、パンプアップされたような厚みのあるハリ肌に導いてくれるのでは?と期待してしまいますね♪

アルビオン アンフィネスシリーズを実際に使ってみた

まずはお試し!ということで、いつもの通りトライアルセットからお試ししてみました。

アルビオンは乳液先行型のスキンケアなので、

  1. エリミネートクレンジングミルク
  2. ダーマパンプミルク
  3. ダーマパンプローション
  4. アップサージソリューション

の順でお手入れしていきます。

①アルビオン アンフィネス エリミネートクレンジングミルクの使い心地

こっくりとしたテクスチャーのミルクタイプのクレンジング。
汚れや酸化された皮脂など、ハリを失う原因※まで、浮かせてオフできるのだそう。

ふき取りも洗い流しも、両方できるクレンジングになります。

実際にメイクと馴染ませてみると……
メイクともしっかり馴染んで、優しく落とすことができました!

クレンジング後の肌も乾燥することなく、しっとりしていていい感じです。

②アルビオン アンフィネス ダーマパンプミルクの使い心地

中指に巻きつけたコットンに3プッシュ出し、洗顔後すぐの肌にクルクル馴染ませていきます。

BAさんによると、たるみに抗うように、上へ上へと意識しながら馴染ませるのがポイントなのだとか。

乳白色の濃厚なミルクで、オイリーというより、やや糊(のり)っぽい感じがします。

香りはローションと同様、お化粧品らしい上品な香りで、私はエクサージュより好きですね。
香りはわりと強めだと思います。

濃密なミルクですが、肌馴染みはエクサージュよりいいです。
量が多いのでするっとはいきませんが、わりとすんなりお肌に入ってくれる感じですね。

保湿感は、エクサージュの2より、もう少しさっぱりかも。
超しっとりというタイプではありません。

ハリに特化しているということですし、糊っぽさもあったので、けっこう被膜感が強いのかな?と想像しましたが、意外にも、ベタつきや被膜感は残らず、上手に肌と一体化してくれます。

完全に馴染むと、しっとりモチモチ感触のお肌が完成!

しかし、これはハリというのかな?

ピンっと肌が張るというより、ぷにぷにーっとしなやかで、指で押すとポヨンっと押し返してくるような、やわらかな弾力を感じます。

ハリというより、しなやかさ。
やわらかな弾力、しっとり感。

塗ってすぐに感じる肌の感触はそんな感じ。

悪くはないけれど、「30代からのハリに特化したエイジングケアライン」と聞いて想像していたものとは、ちょっと違うかも。

とりあえず、シワやたるみがピーンッと引っ張られるような感覚はありませんでしたね。
目に見えて、シワが減ったりたるみが引き締まったりということもなく……

後ほど本商品も購入して1本使ってみましたが、OSK9の効果はちょっとよく分かりませんでした。
お肌に厚みが出てくれることを期待しながら、もう少し使ってみようかな?という感じです。

③アルビオン アンフィネス ダーマパンプローションの使い心地

スキコンほどではありませんが、やや白っぽい化粧水。
トロミのないシャバシャバタイプの化粧水です。

ちょっとアルコールっぽい香りもしますが、お化粧品らしい上品な香り。
私はエクサージュよりアンフィネスの香りの方が好きです。

使い方としては、アルビオンのミルクを馴染ませた後、ティースプーン1杯ぶんをコットンに含ませて優しくパッティングしていきます。

さっぱりとしていますが、肌にのせるとほのかなトロミを感じます。

スキコンよりもしっとりしていて、エクサージュのようなベタつきや馴染みのなさもなく。

肌馴染みがよくて、しっとりみずみずしく潤い、程よい引き締め感もあって、アルビオンの中では一番好きなバランスの化粧水かも。

素肌で使用感を確認すると、他ブランドの化粧水と比べて明らかに保湿効果が低いと感じます。
(乳液のおかげで、スキンケア全体としては保湿効果はそこそこあるんですけどね)

やはりアルビオンの化粧水は、アルビオンの乳液に合わせてこそ!という感じですね。

ベタつかず、肌馴染みがよく、でもしっとり保湿してくれて、程よい引き締め効果もあり。
ミルク、ローションと重ねていくと、しなやかさとやわらかな弾力のあるツヤ肌に仕上がり、なかなかいいです♪

ただ、ピンっと張るようなハリ感は感じられません。
ミルクで出たポヨンっと弾むようなハリ感がボヤけるかも……

こちらも本商品購入して1本使ってみましたが、OSK9の効果はちょっとよくわからない感じです。

④アルビオン アンフィネス アップサージソリューションの使い心地

30代からのハリ特化型美容液!
ミルクとクリームの中間のような、コクのある白い美容液です。

アンフィネスのミルクやローションと同じ、お化粧品らしいフルーティでやわらかな香りです。

香りに慣れたからか、ミルクやローションよりも香りは控えめに感じますね。

アンフィネスのダーマパンプミルクにダーマパンプローションを重ね、アップサージソリューションという感じで使っていますが、

コクのあるやわらかなミルク状の美容液はすんなりと肌に馴染み、やわらかで、しっとりモチモチの肌触りに出会えます!

塗った直後は長いこと忘れていたしなやかさが印象的でしたが、この美容液。
肌への入りがよくベタつかない代わりに、保湿が長く持ちません!

乳液、化粧水、美容液としっかり3ステップ重ねているにも関わらず、時間が経つとカサつきが気になりはじめました。
モチモチの感触も、朝にはパサッとしていましたし……

乾燥肌の50代には何かしら、別の保湿アイテムがほしくなります。

そう考えるとアイテムがずいぶん増えてしまって、手間もお金もかかってしまうし、続けるかは悩むところ。

ハリ特化型美容液、というわりには、それほど顕著にハリを感じられるお品でもありませんでした。

じっくり使ってみたくて、ダーマパンプミルクとダーマパンプローションを揃えてみました

香りも肌馴染みもよく、使用感は好きですが、乾燥肌の私はちょっとさっぱりしすぎかな?と感じました。

「ハリに特化した!」というわりには、肌がパーンっと張るわけでもないですし……

でも、OSK9の効果も気になるし、じっくり使ってみたいなーと思って、ダーマパンプミルクとダーマパンプローションを揃えてみましたよ。
最後の仕上げは、手持ちの保湿クリームで。

じっくり使ってみて感じたのは、アンフィネスはパーンっとしたハリよりも、しなやかさとやわらかな弾力が印象的ですね。

「OSK9」も魅力的な成分ではありますが、効果はちょっと分かりにくいかも。
少なくとも1本ではよく分かりませんでした。

-アルビオン(ALBION)

Copyright© 50代から綺麗になる方法 , 2018 All Rights Reserved.