50代から綺麗になる方法

「50代からもう1度、綺麗になろう」をテーマに、美容と健康のためのアンチエイジング習慣をお届けするブログ

50代のファンデーション&メイク

厚化粧にならずシミ・毛穴を隠したい50代にオススメ!江原道グロスフィルムファンデーション

投稿日:

「厚化粧にならず、きちんと感はありつつもナチュラルで若々しい」

そんなメイクを心がけている50代の私が今、気に入っているのが、江原道の「メイクアップカラーベス」と「グロスフィルムファンデーション」の組み合わせ!

パウダーファンデーションなのに、乾燥肌にもしっとりフィットし、薄づきなのにツヤめく上質な肌に仕上げてくれるんです♪

肌に負担のかかる成分を排除しつつも、美しい仕上がりを諦めない。
そんなファンデーションをお探しの方に。

スポンサーリンク

江原道メイクアップカラーベースの使い心地

まずはグロスフィルムファンデーションの仕上がりと持ちを良くしてくれる、相性抜群の下地を。

マイファンスィーメイクアップカラーベースは、なりたい肌に合わせて4色から選べるカラーコントロール機能付きの化粧下地です。

  • パールホワイト:毛穴&くすみの目立たない肌に
  • ラベンダーピンク:黄ぐすみをカバーしつつ血色よく見せたい
  • イエロー:赤みをカバーしつつ均一な肌色に
  • グリーン:首より顔が日焼けした時、透明感が欲しい時に

私が選んだのは、パールホワイトです!

なめらかなクリームタイプの下地で、

ホホバ油・スクワラン・シア脂をブレンドした植物性T3オイルなど、7種類の天然保湿成分が配合されていて、メイク中もスキンケア効果が期待できます。

肌の凸凹をフラットに整え、肌をしっとり保湿しながら、ワントーン明るい肌に整えてくれますよ!

この下地を仕込んでおくと、乾燥・皮脂、両方の化粧崩れを長時間防いでくれるので、私はセットで使うようにしてます。

江原道グロスフィルムファンデーションの使い心地

グロスフィルムファンデーションは、コンパクトに入ったパウダータイプのファンデーション。

植物性3Tオイルをはじめ、10種類の保湿成分が配合されているから、パウダー表面を指で触ってみると、しっとりとしています。

私は「113:標準色のオークル系」がピッタリでした。

パフの半分にファンデーションを取り、スーッと肌に滑らせれば、肌が1枚ヴェールを纏ったように透明感が出ます!

江原道のパウダーはキメ細かで粉質がいいので、薄づきで上品。
気になる部分に重ねればカバー力も出るし、いくら重ねても厚塗り感がまったく出ないのが素晴らしい。

江原道なら、まず厚塗りおばさんにはならないので安心です♪

薄づきだとカバー力が心配ですが、グロスフィルムファンデーションは光を味方につけた「グロスフィルムパウダー」が、赤み・くすみ・毛穴・影を自然にカバー。

塗り重ねないから厚塗りにならず、年齢印象までカバーしてくれるというワケ。

一見、マットな仕上がりなのだけれど、光をキレイに散乱させて、シルキーなのにグロッシーなツヤ感。
パサっとした印象に見えないの。

乾燥肌だとパウダーファンデーションってうまく乗らなかったり、パサついた印象に仕上がったりしますけど、江原道はカサつきがちな私の肌にも、しっとりなめらかに溶け込むところがお気に入り。

汚い崩れ方もしないので、お化粧直しも楽だし、回数も少なくて済みますよ!

デリケートな女性の肌に寄り添うファンデーション

仕上がりもキレイなのだけれど、私が江原道を使うのは、肌への優しさにもこだわっているから!

江原道はもともと、とある女優さんが、高温の照明や化粧直しを繰り返す過酷な撮影環境でも、肌の負担にならず、高画質のカメラでも美しく映るファンデーションを……

ということで生まれたもの。

肌に負担のかかる香料、合成色素、石油系鉱物油、紫外線吸収剤、パラベンは不使用。

実は私が江原道を知ったのも、結婚式の時にメイクさんが教えてくれたものなんです。
肌に優しい上に、写真映えがとてもいいのよ、と。

素肌に優しく、でも美しさも譲れない。
厚塗りおばさんは御免!上品なきちんと感を纏っていたい。

そんな50代にオススメのファンデーションですよ!

-50代のファンデーション&メイク

Copyright© 50代から綺麗になる方法 , 2018 All Rights Reserved.