50代から綺麗になる方法

「50代からもう1度、綺麗になろう」をテーマに、美容と健康のためのアンチエイジング習慣をお届けするブログ

コーセー米肌

【使い切りレビュー】米肌って50代の乾燥肌に効果ある?毛穴には?実際に使って分かった5つのこと

更新日:

お米から生まれた高保化粧品「米肌(まいはだ)」。

インンターネットで乾燥肌や保湿について調べている方なら、1度は広告を見かけたことがあるのではないでしょうか?

私もそんな1人。

  • セラミド、ライスパワーNo.11の効果って?
  • 50代の乾燥肌にも効くの?
  • エイジングケア効果はある?
  • 通販化粧品って勧誘がしつこいのでは?
  • 肌極やライスフォースとは何が違うの?

そんなことが気になって、まずは2週間のトライアルセットを購入。
なかなか良かったので、本商品を揃えて使ってみました。

今回は私が実際に使ってみてわかったことをお伝えしていきますね!

<それぞれの商品の個別レビュー記事はこちら>

>>米肌トライアルセットのレビュー

>>米肌 肌潤化粧水のレビュー

>>米肌 肌潤改善エッセンスのレビュー

>>米肌 肌潤クリームのレビュー

スポンサーリンク

米肌(まいはだ)をじっくり使ってみた感想

①保湿力は抜群!

これはトライアルセットを使っている時点で感じていたことですが、スキンケアとしての保湿効果は優秀です♪

化粧水はさっぱりみずみずしく、美容液でうるおいを閉じ込め、クリームでフタ。
最終的には、モッチリとした弾力のあるお肌に仕上がり、時間が経ってもほとんど乾きを感じることはありませんでした。

半日たって洗顔する時に「あ、まだお肌にクリームが残ってるなー」っていうのが感じられるくらいでした。

使っていくうちに、お肌がつるんっとなめらかになっていくのも感じられましたよ。

真冬だったので。いつもなら乾燥に肌が負けて荒れてしまうことが多いのですが、今年はそういったこともありませんでした。

②改善効果は時間がかかる?!意外と感じにくいかも……

でもでも、米肌を使う方は、保湿以上に「改善効果」に魅力を感じて使っていると思うのです。

セラミドを増やし、肌の水分保持能を改善する、というライスパワーNo.11の改善効果のことです。

私は化粧水からクリーム、薬用美容液までしっかり使っていたのですが、正直、ライスパワーNo.11の改善効果というのは、美白やニキビなどに比べると目に見えないぶん、感じにくいのでは??と感じました。

「保湿以外の改善効果を感じられない」といった口コミがあるように、最初はよくわからないんですよ……

ただ、使っていくと、ある日「なんか最近、乾燥を感じないかも?」って気付く瞬間がくるんです!
私の場合は、1ヶ月くらい経った頃かな?

ほんと、気づいたら気にならなくなってたっていうのがピッタリくる感じで。

この間、お風呂の後すぐに夫に呼ばれて、スキンケアまで時間が空いてしまったんですけど、以前と違って、あっという間にツッパてくるようなことがなく、驚きました。

やっぱり、これまでの「ただの保湿」とはちょっと違う感じがするんですよね。

③米肌は毛穴の開きにも効果ある?

お肌が潤いでふっくらして毛穴が目立たなくなる、というのはわりとすぐに実感できるのですが、加齢による毛穴の目立ちにはかなり時間がかかりそう、というのが本音。

とはいえ、まったく希望がないわけではありません。

加齢による毛穴の目立ちは、たるみで毛穴が引っ張られるほか、角化異常によって毛穴自体が広がってしまっているのだそう。

ライスパワーNo.11はターンオーバーのリズムを整える働きもあるので、角層の細胞がキレイに並ぶようになれば、毛穴も気にならなくなる可能性もあるかな?と思うのです。

④お肌が安定してきた

米肌を使うようになって、お肌の調子がとても安定していると感じます。

毎年この時期って、乾燥に負けて肌が荒れてしまうのですが、今年は真冬でも調子のいいお肌を保ったまま。
ほとんど肌荒れは起こしていません。

そういった部分からも、やっぱりライスパワーNo.11の改善効果が出てるのかな?と思うんですよね。

⑤50代にはエイジングケア効果が物足りない

そんなワケで、保湿効果や調子のいいお肌が続くのは良かったのですが、それだけでは満足できないのが50代。

お肌のハリや弾力、しわやたるみ、毛穴など……

正直、エイジングケア効果という点では物足りないかなーといった感じ。

もちろん「乾燥がひどくて、とにかく質のいい保湿にこだわりたい!」って場合はいいと思うのですが、高いエイジングケア効果を望むなら、ちょっと役不足かな?といった感じでした。

米肌とセラミドとライスパワーNo.11について

米肌が乾燥肌に人気の理由。
それは、ただ保湿するだけでなく、乾燥肌の改善効果まで期待できるからです!

乾燥肌は、なんらかの理由でセラミドやNMFなどお肌のうるおい成分が不足し、水分をキープできなくなってしまった状態。

本来、お肌は水分をスポンジのように長時間キープするすべを持っていますが、セラミドやNMFが不足すると、いくら水分を与えても、キープできずに蒸発してしまうのです。

そこで、米肌に配合されているのが、お米をバイオ発酵させて作られた成分「ライスパワーNo.11」!

ライスパワーNo.11は、ターンオーバーのリズムを整えて健やかな角層の形成をサポートし、セラミドの産生を促して、肌の水分保持能を改善する薬用成分!

簡単にいうと、セラミドを増やして水分をキープできるお肌を育ててくれるんです。

>>ライスパワーNo.11を詳しくまとめた記事はこちら

米肌 肌潤シリーズには、このライスパワーNo.11が化粧水、美容液、クリームなど保湿系アイテムには全て配合されています!

ただし、薬用の改善効果が認められているのは肌潤改善エッセンス(美容液)のみ。

最初の数ヶ月は美容液までしっかり使って、乾燥肌が改善されてきたら化粧水とクリームだけのケアに切り替えるとよいかもです。

また、米肌はコーセーということもあり、使用感や保湿効果にもこだわっているのが特徴。

ライスパワーNo.11そのものにも保湿効果がありますが、米肌ではさらに、大豆発酵エキスやビフィズス菌発酵エキス、トレハロースなどの保湿成分をたっぷり配合しています。

米肌、肌極、ワンバイコーセーの違いについて

コーセーには、「米肌」「肌極」「ワンバイコーセー」と、ライスパワーNo.11が配合されたブランドが3種類あります。

特徴をまとめてみました。

米肌 肌極 ワンバイコーセー
30代以上 20代 20代〜50代と幅広く
5,000円〜7,000円(税抜) 2,800円〜4,200円(税抜) 5,000円
無香料 グリーンフローラルの香り グリーンフローラルの香り
ライン使いOK ライン使いOK 美容液のみ
通販限定 ドラッグストア ドラッグストア

肌極は20代の若い世代向け、米肌は30代以上を意識した高保湿タイプというのが両者の違い。
ワンバイコーセーは美容液のみで、他のブランドにプラスする形で使います。

また、米肌は無香料ですが、肌極みとワンバイコーセーは化粧品らしい香りがします。
無香料がお好きな方は米肌がオススメ。

美容液を使う場合、どれも薬用なので効果は変わらないと思いますが、個人的に「ライスパワーNo.11配合のアイテムをラインで揃えた方が効果が高いのでは?」と思って私は米肌を選びました。

米肌の勧誘について

米肌は通販ということで勧誘が心配ですが、電話がかかってきたことはありません。

たまにメールでお得なキャンペーンのお知らせなどが届く程度です。

米肌のまとめ

乾燥肌の改善には効果を感じたけれど、肌悩みが深くなる50代には、シワやたるみの対策など、物足りない部分もあるかな?と感じました。

とはいえ、保湿はエイジングケアの基本!

もしもあなたが50代で乾燥肌に悩んでいるのなら、まずは米肌で乾燥肌をなんとかするのが先決、かもしれませんよ♪

米肌はコーセーの通販限定ブランドです。
気になる方は、2週間ぶんのトライアルセットもあるので、お試ししてみてくださいね!

米肌 トライアルセットの使用感レビュー。内容は?価格は?50代でも14日間で乾燥肌改善が実感できるの?

-コーセー米肌

Copyright© 50代から綺麗になる方法 , 2018 All Rights Reserved.