50代から綺麗になる方法

「50代からもう1度、綺麗になろう」をテーマに、美容と健康のためのアンチエイジング習慣をお届けするブログ

コーセー米肌

セラミドを増やす薬用美容液なら50代の乾燥肌も改善できる?!米肌 肌潤エッセンス使ってみた

更新日:

セラミドを増やし、乾燥肌を改善する薬用美容液「米肌 肌潤改善エッセンス」。

米肌トライアルセットを試してみたところ、気に入ってすぐに購入を決めました!

肌潤改善エッセンスは、

  • 本当に乾燥が気にならなくなってきた
  • ベタつかないのに潤う
  • 肌の調子が安定するようになった

などのいい口コミが目立つ一方で、

  • 保湿以外の効果が感じられない
  • 香りが苦手
  • 価格が高い

などの悪い口コミも見られる商品。

本当のところはどうなんでしょう?

ということで、50代の私がじっくり1本使ってみての感想を率直にお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

肌潤改善エッセンスのレビュー

ブルーメタリックなボトルに、漢字のロゴがかっこいいです。

出し口はプッシュ式で、1回分の量もわかりやすい。

ただしこのボトル、中身の減り具合が見えません……

ということで、使い終わる6週間の目安がわかるよう、消費期限を書くラベルが付いてきました。
こういった仕様ははじめて見たかも。

使用の目安は2プッシュ。
実際に出してみるとこれくらいです。

化粧水の後に使います。

白いジェル状の美容液。
化粧水ほどキツくありませんが、独特な香りはします。

スーッとお肌に馴染んで、みずみずしく潤います。

不自然な皮膜感が残るジェルが苦手なのですが、肌潤エッセンスはキレイに馴染んでさらっと、でも内側はみずみずしい、みたいな感じに仕上がるのが好き。

トライアルセットで試した時も、あっ、コレいい♪って思って、とりあえずこれだけは買おう!とすぐに購入を決めたのでした。

その判断は、間違ってなかったと思います。

私は化粧水、美容液、クリームと米肌で揃えているのですが、セットで使った場合、化粧水とこの美容液だけでもかなり潤います。

導入美容液から乳液、クリームと、4つも5つも塗り重ねていたことを思うと、これはスゴイことだと思う。

もちろん人によって肌は違いますが、個人的に満足度はけっこう高いです。

肌潤改善エッセンスの効果って?1本使い切って思うこと

最初のうちは口コミにもあった通り、ベタつかないけどしっとり潤う美容液、くらいな感覚でした。

変化を感じたのはちょうど1ヶ月くらいたった頃かな?

ファンデーションを変えていないのにキレイに仕上がるし、メイク崩れも気にならなくなったんです。

ファンでもお気に入りがなくてコロコロ変えてたのですが、同じファンデでも肌の状態でこんなに変わるとは……

今は1本目が終わって2本目ですが、ちゃんとした保湿ができればお肌はこんなに「ぷにーん」っと弾力が出るんだなぁって、ちょっと感動してます♪

イマイチなところ

効果がすぐには目に見えない、というのは実際に使ってみても感じました。
使っていくうちに、気づくと最近、乾燥しないかも?みたいな。

2本くらいはじっくり使ってみるつもりで購入された方がよいかと。

化粧水同様、エタノールは入っているので、アルコールでかぶれる方は厳しいかも。

50代からでも改善できる??

どんな年齢でもライスパワーNo.11の効果は発揮されるそうですよ。

ただし、改善=今より良くなるということで、治すとはまた違った意味合いになります。

米肌 肌潤改善エッセンスの特徴

肌潤改善エッセンスは医薬部外品

肌潤改善エッセンスの特徴は、「セラミドを増やし、肌の水分保持能を改善する」効果が認められた薬用化粧品だということ!

ただ潤いを与えるだけでなく、うるおいを維持できない状態を改善する効果が期待できるんです。

「ライスパワーNo.11」という薬用成分による働き。

こってりしたクリームを塗っているのに乾燥する!なんて方には、とても魅力的な効能ではないでしょうか?

また、ターンオーバーのリズムを整える働きもあるようなので、エイジングケアとしても試す価値はあるのかな?と思います。

効果が出るまでちょっと時間がかかる

「保湿効果以外の効果、改善効果が感じられない」といった口コミがあるのには、わけがあります。

乾燥肌の改善にはお肌のセラミドを増やすことが不可欠ですが、セラミドはターンオーバーの過程で作られる成分なので、改善効果が見られるまである程度、時間がかかるものだと思ってください。

効果を感じる目での目安を聞いてみたところ、最低でも1ヶ月、できれば3ヶ月。

6ヶ月〜1年もすると、角層の細胞が生まれ変わり、キレイに並ぶそうです。

最低でも2本は使ってみたいところですね。

肌潤改善エッセンスとワンバイコーセーの違い

ライスパワーNo11の薬用美容液というと、「ワンバイコーセー」の方が有名かもしれません。

効果に関しては、薬用なのでどちらも変わらないと思います。
両者の違いをまとめてみるとこうなります。

肌潤改善エッセンス ワンバイコーセー
使い方 化粧水の後に使う 化粧水の前に使う
テクスチャー ジェル状で保湿力もある 液体状で化粧水程度の保湿力
ライン使い 米肌でラインづかいできる。
全商品ライスパワーNo.11配合
美容液しかない。
別のラインに追加する形
価格 7,000円・税抜(1.5ヶ月ぶん) 5,000円・税抜(1.5ヶ月ぶん)

ワンバイコーセーはサンプルをもらって使用感だけは確かめたことがありますが、化粧水のような質感で、保湿効果はあまりないように感じました。

お気に入りのスキンケアにプラスできるのが魅力かと。

肌潤改善エッセンスは改善効果に加えて、保湿力もしっかり、米肌の化粧水ととても相性がいいと感じます。

あと、どっちもエタノールは入ってますが、ワンバイコーセーの方が若干、キツく感じるかも。

化粧水からクリームまでライスパワーNo.11が配合されている米肌の方が、質の高いお手入れができそうな気がしたので、私は米肌にしてみました。

肌潤改善エッセンスの成分メモ

全成分:ライスパワー®No.11(米エキスNo.11)※
精製水・ 1.3-ブチレングリコール・濃グリセリン・エタノール・セトステアリルアルコール・ dl-α-トコフェロール・オレンジ油・グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液・ビフィズス菌エキス・納豆エキス・アクリル酸ナトリウム・アクリロイルジメチルタウリン酸ナトリウム共重合体/イソヘキサデカン/ポリソルベート80 ・エデト酸二ナトリウム・クエン酸・チオ硫酸ナトリウム・バチルアルコール・ベヘニルアルコール・ポリオキシエチレンコレステリルエーテル、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、メチルポリシロキサン・リン酸一水素ナトリウム・水素添加大豆リゾリン脂質、乳酸ナトリウム液・無水エタノール・流動パラフィン・フェノキシエタノール・メチルパラベン

※;有効成分 無印;その他の成分
※ビフィズス菌発酵エキスはビフィズス菌エキス、大豆発酵エキスは納豆エキスです

ライスパワーNo.11(コメエキス)

お米をバイオ発酵して作られたライスパワーエキスの1つ。
肌のセラミドを増やし、水分保持能を改善する。

dl-α-トコフェロール

抗酸化作用、血行促進作用があります。
製品の酸化防止剤として、また、肌荒れを防ぐ成分として配合される。

ダイズ発酵エキス(納豆エキス)

大豆由来のフラボノイド「イソフラボン」を含み、ハリ・ツヤ・透明感のあるお肌へと導く。

ビフィズス菌発酵エキス(ビフィズス菌エキス)

アミノ酸や乳酸などが含まれ、天然保湿因子NMF(肌に存在する保湿成分)と同じような働きで潤いを与える。

グルコシルトレハロース

砂漠に生息する植物イワヒバや干し椎茸などに存在する多糖類で保湿効果がある。
乾燥した環境のもとでとくに保湿・保護の働きを発揮する。

米肌 肌潤改善エッセンスまとめ

即効性のあるものではありませんが、1本使ってみて、個人的には改善効果が感じられたので継続してます。

肌が良くなってくれば、肌潤化粧水&肌潤クリームでいけそうですし、そしたらスキンケア代も抑えられそうですよね。

50代というとエイジングケアラインに走りがちですが、まずは基本の保湿に徹底的にこだわってみるのもいいかも♪と気づかせてくれた1本。

乾燥肌の方は、試してみる価値アリ、と思いますよ!

米肌はコーセーの通販限定ブランドです。

まずは14日間のお試しセットがオススメ。
本商品購入に使える1000円ぶんのクーポンもついてきますよ♡

米肌 トライアルセットの使用感レビュー。内容は?価格は?50代でも14日間で乾燥肌改善が実感できるの?

【使い切りレビュー】米肌って50代の乾燥肌に効果ある?毛穴には?実際に使って分かった5つのこと

-コーセー米肌

Copyright© 50代から綺麗になる方法 , 2018 All Rights Reserved.