50代から綺麗になる方法

「50代からもう1度、綺麗になろう」をテーマに、美容と健康のためのアンチエイジング習慣をお届けするブログ

コーセー米肌

米肌の肌潤化粧水は50代の乾燥肌にも使える?本当に潤う化粧水が欲しい方に

更新日:

お米から作られた成分「ライスパワーNo.11」、乾燥肌をふっくら潤い肌へと導いてくれる「米肌 肌潤化粧水」。

ネット広告で注文したトライアルセットが気に入ったので、化粧水、美容エキス、クリームを使っています。

なんだか良さそう!
でも、米肌の青いボトルの化粧水って、50代でも使えるのかしら?

  • さっぱりベタつかないのがいい
  • 乾燥を感じなくなった
  • お肌がふっくらして毛穴が目立たなくなる

といったいい口コミが目立つ一方で、

  • エタノールが苦手
  • 香りが苦手
  • ピリピリする

などの悪い口コミも見られる化粧水。

そもそも米肌の青いボトルの化粧水って、50代でも使えるのかしら?
使い始めるまでそんな風に思ってました。

今回は肌潤化粧水でじっくりお手入れしてみてどうだったか?
率直に感じることをまとめてみました。

スポンサーリンク

米肌 肌潤化粧水の保湿力って50代にどう?実際に使ってみた感想

和の雰囲気をたたえた、深いブルーのボトル。
落ち着いた雰囲気が、気に入ってます。

50代向けの化粧水って、とにかく重ったるいトローンっとしたのが多くないですか?

米肌はライスパワーNo11を角質層にしっかり浸透させるため、サラリと軽い、さっぱりとしたテクスチャー。

私はコットンにたっぷりとってお肌に馴染ませているのですが、浸透が早くてお肌にスーッと入っていくような感覚が心地いいのです♪

ほのかに日本酒のような香りがしますよ。
発酵の香りだそうです。

アルコールが使われているそうですが、実際に使ってみるとお肌が引き締まったり、乾燥を感じたりするほどではありません。

50代も満足の高い保湿力

肌潤化粧水は、さっぱりベタつかないのに、保湿力は抜群!
乾燥肌の私でさえ、化粧水とクリームだけでもかなり潤います。

私は乾燥肌なので導入美容液を使わないとなかなか化粧水が入っていかない時も多いのですが、

肌潤化粧水は角質柔軟オイルが配合されていて乾燥で硬くなったお肌にもグングン入るので、使っていて気持ちいいのです。

お肌の水分量が上がって、ふっくらみずみずしくなる感覚がとても気に入っていますよ♪

エイジングケアという点ではやや物足りないかも

うるおいは素晴らしいので「質のいい潤いにこだわりたい!」って方にはいいかもしれませんが、やはり50代の肌はそれだけでは足りないのが本音。

お肌がふっくらすることで毛穴は目立ちにくくなるものの、たるみ毛穴はそう簡単には消えません。

ハリ・しわ・弾力などへのアプローチは、やはり少々物足りないかなぁといった印象です。

米肌 肌潤化粧水の特徴

お肌自身がうるおう力をサポートする

私たちの欲しいものって、シワぽくない、乾燥知らずの、ふっくら潤ったお肌ですよね?
保湿力の高い化粧水はあくまで手段のハズです。

なんでこんなお話をするかというと。

米肌の化粧水の特徴は、肌自身のうるおう力をサポートする成分が配合されていること。

肌のセラミドを増やし、水分保水能を改善する「ライスパワーNo.11」という成分が配合されていることなんです!

私、ずっと感じていたんです。

「何を塗っても潤わない。
補っても補っても足りない…… 一体どうすれば?」って。

そんなお肌にこそ、試したいのがこの化粧水というワケ。

結局、どんなにいい保湿成分だって、お肌自身が作り出すものには勝てないんですよ。

角質肥厚で固くなりがちな50代のお肌に

角質肥厚って、ご存知でしょうか?

お肌は周期的に新しく生まれ変わっていますが、50代にもなるとさすがに代謝が落ち、ターンオーバーも遅くなります。

すると、剥がれ落ちるはずの角質が肌に残って固くなり、これが化粧水の浸透を妨げてしまうんですって。
肌がくすんで見える原因にもなるんですよ。

米肌の化粧水には固くなった角質を柔らかくするエモリエント効果をもつオイルが配合されており、お肌を柔らかくほぐし、化粧水の浸透を助けてくれるのだそうです。

米肌 肌潤化粧水の成分メモ

全成分:
水・BG・エタノール・グリセリン・ジグリセリン・グリコシルトレハロース・コメエキス・ダイズ発酵エキス・ビフィズス菌発酵エキス・EDTA-2Na・イソステアリン酸PEG-50水添ヒマシ油・オクチルドデカノール・キサンタンガム・クエン酸・チオ硫酸Na・リン酸2Na・加水分解水添デンプン・乳酸Na・メチルパラベン
※ライスパワー®No.11はコメエキスです。

ライスパワーNo.11(コメエキス)

お米をバイオ発酵して作られたライスパワーエキスの1つ。
肌のセラミドを増やし、水分保持能を改善する。

オクチルドデカノール

ベタつきがなく、安定性の高い油性成分。
保湿・エモリエント効果に加え、紫外線を吸収する働きもある。

ダイズ発酵エキス

大豆由来のフラボノイド「イソフラボン」を含み、ハリ・ツヤ・透明感のあるお肌へと導く。

ビフィズス菌発酵エキス

アミノ酸や乳酸などが含まれ、天然保湿因子NMF(肌に存在する保湿成分)と同じような働きで潤いを与える。

グルコシルトレハロース

砂漠に生息する植物イワヒバや干し椎茸などに存在する多糖類で保湿効果がある。
乾燥した環境のもとでとくに保湿・保護の働きを発揮する。

米肌 肌潤化粧水まとめ

米肌を使う前はエイジングケア化粧水ばかり使っていたため、保湿に特化した化粧水に変えるのが、実はちょっぴり不安でした。

でも今は、本当に潤った肌ってこんなに「ぷりんぷりんっ」とした弾力が出るんだぁって、ちょっと感動♪

基本の保湿ができていなかったんだなぁって思う今日この頃です。

50代としては、エイジングケア効果は少々物足りないのが本音ではあるものの、「潤いの質にこだわってみたい!」という方は試す価値のある化粧水かと思いますよ!

米肌はコーセーの通販限定ブランドです。

まずは14日間のお試しセットがオススメ。
本商品購入に使える1000円ぶんのクーポンもついてきますよ♡

米肌 トライアルセットの使用感レビュー。内容は?価格は?50代でも14日間で乾燥肌改善が実感できるの?

【使い切りレビュー】米肌って50代の乾燥肌に効果ある?毛穴には?実際に使って分かった5つのこと

-コーセー米肌

Copyright© 50代から綺麗になる方法 , 2018 All Rights Reserved.