50代から綺麗になる方法

「50代からもう1度、綺麗になろう」をテーマに、美容と健康のためのアンチエイジング習慣をお届けするブログ

資生堂エリクシール

資生堂エンリッチド リンクルクリームSを使った口コミ!純粋レチノールでシワ改善のオススメ美容液

更新日:

資生堂からシワに効く薬用クリームが発売!
その名も、資生堂エリクシール エンリッチド リンクルクリームS(美容濃密リンクルクリーム レチノバイタル クリームV)

BAさんによると予約だけでも相当出ているそうで、人気&話題になるのは間違いなし。
サンプルをお試しした方達の評判もよく、在庫ありのお店を探すことになりそうな美容液です!

追記:現在5本目リピート中!
私にとって、なくてはならない存在となりました❤️

純粋レチノールにより、浅いシワと深いシワが混在する「シワレベル4」までの改善効果が認められています!

今回は、POLAリンクルショットに次いで、日本で2つめのシワ改善クリームについて、詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

リンクルクリームSはどれくらいのシワに効くの?改善効果

資生堂HPより

日本香粧品学会が「新規効能取得のための抗シワ製品評価ガイドライン」にてシワグレードというのを定めています。

エンリッチド リンクルクリームSは、このシワグレード3〜5、具体的には「明瞭な浅いシワと深いシワが混在する状態」まで改善効果が認められています!

公式サイト(資生堂表情プロジェクト)で実際の試験結果を確認してみると、目で見てハッキリ見えるシワが、明らかに薄くなっているのが確認できます。

いわゆる「刻まれてしまったシワ」にも効果が期待できるようで、これは心強い存在!

資生堂BAさんの話では、目尻のシワ、目の下のシワ、おでこのシワ、ほうれい線、ゴルゴ線、マリオネットライン、首のシワ、手のシワなど……

乾燥と加齢によるシワであれば、どんなシワでも効果が期待できるのだそうですよ!

リンクルクリームS、実際に使ってみたよ!使用感など

DHCなどレチノール配合の化粧品はたくさんあるのに、資生堂だけが改善効果を認められた理由。
その1つが、この特殊な容器では?と言われています。

1度出したら、絶対に戻らない構造。
外側からは針1本通さない密閉性で、繊細なレチノールを守ります。

内容量は10g(1ヶ月分)、価格は6,242円(税込)とお手頃です。

リンクルクリームSは、化粧水や乳液など、基本のスキンケアをした後に塗ります。

洗顔後すぐに塗ったほうが効果がありそうですが、それだとレチノールが一気に肌に触れることになり、刺激や肌トラブルのリスクが上がってしまうのだそう。

ほのかに独特な原料の香りがありますが、気にならない程度。

こっくりと濃厚なのにベタつかず、肌馴染みがともていいです!
リンクルクリームS自体にも保湿力があって、お肌がみずみずしい感じになっていい感じ。

POLAリンクルショットは、マットでさらりとした感じで、クリームというより毛穴用下地みたいな?塗った瞬間から小じわが目立たなくなるような感じでしたが、リンクルクリームSはよりしっとり感がある感じ。

個人的には、リンクルクリームSの方が、使用感が好きですね!

BAさんには、レチノールは刺激が強めの成分なので、最初の2〜3日は夜のみの使用でレチノールが肌に合うか様子を見て、大丈夫そうなら昼夜塗ってくださいと言われました。

刺激に関して、私は大丈夫だったので、シワの気になる「おでこ」と「目元」に使っています。

翌日は目元が乾燥することもなく、いつもより何だかふっくら!
アイクリームとしても優秀。

@コスメでも1位を獲得、納得です。

リンクルクリームSは何本使えばシワが改善する?

リンクルクリームSは、米粒1個ぶんを気になるシワに塗って、1本で約1ヶ月使うことができます。

モニター試験の結果では、改善効果を感じるまでに9週間ですから、ちょうど2本くらい使うと改善効果を感じるかな?という感じだと思われます。

効果の実感まではPOLAリンクルショットが12週間に対し、資生堂リンクルクリームSはたったの9週間。

効果の面でも、即効性の面でも、資生堂リンクルクリームはPOLAリンクルショットの上をいく印象ですね。

目元・ほうれい線なら両側で1粒ぶん、おでこや首のシワに使う場合は面積が広いのでちょっと多めに必要だそうですよ!

資生堂エンリッチド リンクルクリームSでシワが改善する仕組み

資生堂エンリッチド リンクルクリームSは、シワの改善効果が厚生労働省から認められた医薬部外品(薬用化粧品)。

シワを改善する有効成分は「純粋レチノール」です。

資生堂HPより

レチノールが表皮の中でターンオーバーを促すため、ヒアルロン酸の産生が促進。
ヒアルロン酸の増加とともにお肌の潤いが増え、お肌の柔軟性もアップした結果、シワが改善する、という仕組みになります!

レチノールは、表皮の中にもともと存在し、ターンオーバーを促進している「ビタミンA」の仲間です。

ビタミンAは、もともとターンオーバーを促して肌の再生を促進する効果が期待できることが知られており、「レチノイン酸」という成分は皮膚科でもシワ・シミ・毛穴など様々な治療に使われています。

レチノイン酸は医師のみが処方できる薬ですが刺激・赤み・皮剥け・乾燥など副作用が強く、スキンケアでも取り入れやすいよう、効果や刺激をマイルドにした成分が「レチノール」です。

レチノールは特に新しい成分というワケでもなく、資生堂のレチノバイタルやDHCレチノAなど、すでに様々な化粧品に配合されている成分ですが、皮膚科で処方されるトレチノインと比べると副作用が緩和なぶん、それほど効果も期待できないという評価でした。

そんな中、資生堂の純粋レチノールはついに「シワ改善効果」を認められたのです!

なぜ、資生堂の純粋レチノールだけがシワ改善効果を認められたのか?
資生堂のBAさんに聞いてみると、成分を安定させ、さらに浸透力を高めることができたため、なのだそうです。

リンクルクリームSを使い続けた効果とは?

資生堂のBAさんはモニターとして一足お先に使用されているということだったので、効果はどんな感じか聞いてみました。

私がお話ししたBAさんは、わりとお年を召していそうな方でしたが、2週間ガッツリ使うと、家族や同僚に気づかれるくらい目の下のシワが薄くなったとか!

「この辺に細かいシワがたくさんあったんですよー」という目元、言われなければわからないくらい今ではふっくらハリがあって、シワも目立ちません

「これは本物!」と確信できたので、その場で予約購入を決めちゃった私なのでした。

追記:悪魔で個人的な感覚ですが、改善効果はあるように思います!
ビシッと刻まれたシワが綺麗さっぱりなくなるワケではありませんが、だいぶマシになった気がする。

リンクルクリームSの副作用。敏感肌の人には向きません!

まず、昼の紫外線対策が必須の成分です。
(紫外線に当たると、レチノール成分が壊れます)

また、純粋レチノールは効果が高い反面、残念ながら敏感肌の方には向きません。

  • ピリピリ刺激
  • 乾燥、赤み
  • 皮剥け

などを起こしやすいのだそう。

一緒に資生堂カウンターを訪ねた私の友人は、レチノール製品を使うとすぐに赤くなってピリピリしてしまうそうで、合わない体質の方というのはいるみたい。

敏感肌でなくても、レチノールと相性の悪い肌質の方というのはいるそうで、資生堂の従来品、もしくは他のブランドのレチノール製品が肌に合わなかった方は、リンクルクリームSはやめておいた方がいいとのことでした。

レチノールが肌に合わない方は、POLAリンクルショットをお試しされるのがいいと思いますよ。

15,000円で一見高いのですが、4ヶ月ぶんとコスパがいいので、実はリンクルクリームともじゅうぶん、価格で勝負できる商品だということはあまり知られていない模様。

リンクルクリームSと相性のいいスキンケアは?美白化粧品とも使える?

BAさんとお話ししたついでに、どんなスキンケアを一緒に使うのがいいか聞いてみました。

まず、おすすめなのはお肌のハリを高める「エリクシールシュペリエル」シリーズ。

保湿力もバッチリで、相乗効果が期待できるため、シワやハリ、乾燥の気になる方におすすめだそう。

また、これからの季節は美白化粧品と併用するのもアリだそう。
シミとシワ、両方気になる方はいいかもですね!

ちなみに、どんなスキンケアも、リンクルクリームSは最後に塗ってくださいとのこと。

資生堂リンクルクリームSはどこで買える?

資生堂エンリッチド リンクルクリームSは、資生堂が入っている実店舗はもちろん、資生堂ワタシプラスをはじめとする通販ショップでも購入できます。

POLAリンクルショットはデパートのPOLAカウンターやPOLAエステでしか買えない(通販がない)のに比べると、かなり購入しやすそうですね。

まとめ

効果も実感スピードも文句なしの、スゴイ美容液が出ましたね!

「シワ改善!資生堂表情プロジェクト」のCMはすでにたくさん流れていますが、雑誌などでもあちこちで特集が組まれそうな予感。
きっと今年のコスメ大賞を総なめにするんだろうなー。

レチノールが肌に合わないなどの問題がなければ、とりあえず使って見てほしい、オススメの美容液です!

さらに追記:美白+シワ改善のリンクルリフト ディープレチノホワイト4も発売!

SHISEIDO バイタルパーフェクションから、レチノールのシワ改善効果に加えて、美白成分4MSKがプラスされたスーパー美容液!
その名も「リンクルリフト ディープレチノホワイト4」が発売になりました!

こちらはデパートを中心に展開する予定だそうで、50代〜の悩み多き世代がターゲット。
内容量15gで価格は12,960円(税込)と、リンクルクリームの約2倍のお値段です。

シワとシミ・くすみが両方気になる!という方には嬉しい商品ですが、レチノールは単体でも刺激が強めなだけに、美白成分までプラスされるとなると、ちょっぴり刺激的な予感はあるかなぁ、なんて。

私はシミは顔中にあるので、HAKUかクレドで全顔カバー + リンクルクリームでシワをケアって感じでいいかなって思ってマス。

-資生堂エリクシール

Copyright© 50代から綺麗になる方法 , 2018 All Rights Reserved.