50代から綺麗になる方法

「50代からもう1度、綺麗になろう」をテーマに、美容と健康のためのアンチエイジング習慣をお届けするブログ

50代の美白

50代からの高保湿×美白ケア!ソフィーナグレイス美白ラインの口コミ。カモミラETの効果ってどう?

更新日:

50代からのカウンセリング化粧品「ソフィーナグレイス(美白)」をお試ししてみました。

50代からの基礎化粧品やメイクって最近増えてますけど、ソフィーナはわりと昔からあるイメージ。

この記事では、ソフィーナグレイスの効果や使い心地について詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

ソフィーナグレイス(美白)は、50代からのうるおい美白がコンセプト

ソフィーナグレイス(SOFINA GRACE)は、50代・60代のための高保湿化粧品。

今回使ってみた美白ラインは、乾燥しがちな年齢肌をしっかり保湿しながら美白する「うるおい美白」がコンセプト。

ひと昔前の美白化粧品って、乾燥するイメージでしたよね?

しかし、乾燥しやすくカサつきがちな50代の肌には、たっぷりとうるおいを与えることが不可欠です!

お肌がうるおうことで透明感が増し、光反射率が上がって、紫外線ダメージにも強くなりますからね。

ソフィーナグレイスは、貯水力に優れる「月下香培養エキスα」と、ソフィーナの「ケラチン保水処方」により、乾燥で固くなった年齢肌の角層にもしっかりとうるおいが浸透し、しっとり柔らかな肌が続くのだそうです。

ケラチンって細胞を構成する繊維のことで、ものすごいミクロの話をしているわけですが、細胞の隙の隙までキッチリうるおいで満たすことで、頑固な乾燥肌もうるおうのかもしれません。

また、血行促進成分「ビタミンE」が配合されているので、血行不良でくすみがちなお肌にもいいかも♪

しっかり土台を整えたうえで、2種類の美白有効成分がシミ・そばかすを防いでくれるそうです。

美白成分「カモミラET」について

カモミールというハーブから作られた成分で、エンドセリンという物質を抑制する働きがあり、シミの工場「メラノサイト」が働き出す前に、未然に防ぐことで新たなシミ・そばかすを予防します。

未然に防ぐ、というのがポイントで、アフターケアには向きません。

低刺激で抗炎症作用もあるので、敏感肌、紫外線ダメージを受けやすい体質の方にオススメな成分です。

花王やカネボウの商品のみに配合されています。

ソフィーナグレイス(美白)を実際に使ってみた感想

ソフィーナグレイスのお手入れは、

  1. ip美活パワームース(土台美容液)
  2. 高保湿化粧水(美白)
  3. 高保湿乳液(美白)

の3ステップです。

いきなり現品は怖いので、今回はサンプルからお試ししてみました。

ソフィーナ ip美活パワームース(土台美容液)の使い心地

「お手入れを土台から変える」というキャッチコピーに惹かれました。

だって、10年以上ほったらかしてきた50代の肌だもの、土台から変える必要、ありそうじゃないですかっ!

ソフィーナ ip美活パワームース(土台美容液)は、毛穴より小さなマイクロ炭酸泡がしっかりと角層深くまで浸透し、乾燥で固くなった肌を柔らかくしてくれるのだそうです。

美白効果はありませんが、美白をしっかり効かせるための準備、と考えるといいかも。

ふんわりとか、もっちり弾力のある泡ではなく、トロッと、クタッとした、ゆるーい感じのムースです。

この中には、2000万個もの泡が詰まっているのだそうですよ。

泡を潰さないように肌に伸ばして行きます。

肌あたりはやわらかですが、意外と肌に入るのに時間がかかる!
いつまでも肌表面に居座るというか……

私の肌の状態が良くないからかしら?!

完全に馴染むと確かに肌はしっとり、つるんっとするのですが、なんだかフタがされちゃったような感覚。

試しに半顔だけつけてみて、土台美容液あり・なしで比較してみたのですが、化粧水のなじみが良くなるというのも感じられず、

むしろ土台美容液をつけた方が化粧水が馴染むのに時間がかかるし、ムズ痒い感じもして……

私の肌には合わないのかも、と感じてしまいました。

ソフィーナグレイス 高保湿化粧水(美白) しっとりタイプの使い心地

美白成分「ビタミンC誘導体」と、肌荒れを防ぎ血行を促す「ビタミンE」が入った薬用化粧水です。

「さっぱり・しっとり・とてもしっとり・濃厚とろみ」の4種類のテクスチャーから好みの化粧水を選べます。

私が今回使ってみたのは、しっとりタイプ。

透明な化粧水で、少しとろみがあります。
ちょっと懐かしい感じの、化粧品らしいお花の香りがします。

コットンは使わず、手で馴染ませちゃっていいみたいです。

肌に伸ばすとちょっとヌルッとする感じで、いつまでも入っていかず、肌表面に留まり続ける感じが、ちょっと苦手です、この化粧水。

一応、クルクルしながら完全に馴染むのを待つと、確かにしっとりはするかも。

でもやっぱり、手のひらにペタペタ感が残る感じとか、使い心地がちょっと苦手でした。

ソフィーナグレイス 高保湿乳液(美白)しっとりタイプの使い心地

仕上げは、花王オリジナルの美白成分「カモミラET」と「ビタミンE」が配合された、薬用美白乳液です。

こちらもしっとりタイプを使ってみました。

こっくりしていて、乳液というより柔らかめのクリームみたいな感じ。
ちょっとだけ黄色がかった乳白色で、香りは化粧水とお揃いです。

乳液にしては油っこいというか、ペタッとしていて、しっかりお肌をコーティングしてくれる感じが、乾燥肌としては嬉しいかな。

ふっくら感やハリ感はとくに感じませんが、ベタつかず、いい感じにしっとりします。

いつも乳液よりクリーム派ですが、これくらいしっとりなら夏に使うにはいいかも。

今回使った3本の中では、唯一、もうちょっと使ってみてもいいかな、と思えるお品でした。

ソフィーナグレイスの美白効果は?

ソフィーナグレイスに配合されている美白成分は、

  1. ビタミンC誘導体[アスコルビン酸2グルコシド](化粧水)
  2. カモミラET(乳液)

の2つです。

シミは、メラノサイトという細胞によってメラニン色素がたくさん作られ、蓄積されたメラニンが色素沈着を起こしたものです。

ソフィーナグレイスの美白は、カモミラETが炎症を抑えつつメラノサイトの活性を抑制。
続いてビタミンC誘導体が、抗酸化作用によってメラニンの黒化を防ぎ、シミ・そばかすを防ぐという仕組みです。

どちらも低刺激なのが魅力の成分ですが、美白効果はそんなに高くありません。

私の今までの経験上、肌に合うものはトライアルセットでもくすみが抜けて肌が明るい印象になるのがわかりましたが、ソフィーナグレイス美白ラインの場合は、肌で感じる変化はとくにありませんでした。

新たなシミを防ぐことはできるはずですが、お肌の明るさやトーンアップを求めている方には物足りなく感じるかもしれません。

50代からの美白!ソフィーナグレイスのまとめ

全体的に、ソフィーナ、私は使用感がちょっと苦手でした……
使っていて、肌にしっくりくる感じもありませんでしたし。

美白効果も取り立てて凄いってことは無かったかな。

BAさんに乗せられて、いきなり本品購入していたら、たぶん途中で使わなくなっていたような気がします。

ソフィーナは口コミ・評判はわりと良いので、合わなくて残念でした。

-50代の美白

Copyright© 50代から綺麗になる方法 , 2018 All Rights Reserved.